リボ払いの減額方法と債務整理

リボ払いが減らない! 決して使わないと思っていた44歳女性が忠告

更新日:

スポンサーリンク

「この人、どこか金銭感覚がおかしいのでは?」

そう感じることができたなら、正常な感覚だと私は思います。

債務整理で借金減額に関連する記事は全部こちらにまとめてあります

関連記事クレジットカードの借金を債務整理で減額するまでのまとめ

リボ払いなんて決して使わないと思っていました

44歳 女性

以前クレジット会社に勤めていて、リボ払いで身を持ち崩す人を大勢見てきた私。
自分はリボ払いなんて決して使わないと思っていました。

そんな私がリボ払いに手を出したきっかけは、レーザー脱毛の契約です。

12万円ぐらいの契約で、1回払いは無理。ボーナス払もボーナスが出ないと困る。ということで、12万円ならそんなに長い返済期間にならないだろうしまぁいいか、ぐらいの気持ちでした。

ところで、自分が持っているクレジットカードで12万円の買い物をリボ払いにすると、 毎月いくらの返済で、金利がいくらになるかって、ご存じですか?私は知りませんでした・・・

なんとなく、以前の勤務先の感覚で月1万円ぐらいで実質月利1.15%ぐらいかなぁとは
思っていたのですが、

私の使ったカードでは月5千円で、実質月利は1.25%でした。金利はまぁ、法律での規制があるから各社でそんなに変わらないでしょうが、

月払い額が5千円とは・・・もう少し早く終わらせたいなぁ、とは思ったのですが、
連絡するのも面倒くさく、ずるずるとそのままにしていました。

完全に、クレジットカード会社の思うつぼです。結局、2年間の返済中に19,000円近くも金利を払ってしまいました。

リボ払いはその月の残高に金利を掛けますので、返済期間が長い方がクレジット会社が儲かりますからね。

リボ払いを使ったことは後悔していません。だって脱毛は長年の夢だったし、1回払いではムリだったんだし。

だから、リボ払いを丸ごと否定するつもりはありません。

でも、普通の洋服とか毎月の化粧品を買うのにまでずるずるリボ払いを利用するのだけは絶対NGです!

毎月の返済金額が少ないから大丈夫って思っていても、リボの残高が増えると毎月の返済金額も上がり、もちろん支払う金利の額も上がります。

クレジット会社がリボ払い促進のCMをあんなに流すのは、それだけ儲かるからですよ。

リボ払いを利用するなら大物買いだけ。

返済回数はできるだけ短くなるように月払額を変更してもらう。
それが終わるまで、次のリボ払いは我慢する。

以上を肝に銘じてご利用ください。

リボ払いの返済を真剣に考える時期が来てしまったら?

リボ払いを使いすぎて毎日の生活に影響が出始めたらきちんとした返済計画を考えないといけません。

しかし自分で考えるのは結構大変です。

リボの残高で返済方法は違いますが、計画を立てられないくらい余裕がない場合は債務整理が有力な解決策になります。

ここでは文章が長くなって書ききれませんので詳しくはこちらをご覧ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
お金の123

お金の123

クレジットカードのお得なポイントのため方や選び方を調べたり実際に使ってよかったものを伝えています。最近では、リボ払いのサービスが当然のように付加されています。リボ払いは、デメリットしかありません。体験談を掲載するなどして、使わないように啓発する記事も執筆しています。

-リボ払いの減額方法と債務整理
-, ,

Copyright© お金の123 , 2019 All Rights Reserved.